引越し決定後の旧居の解約するタイミングは?

旧居を解約するタイミングは?

 

 

引越し当日の解約は避けるべき?

 

引越しが決まったら、現在住んでいるアパートやマンションの管理会社に連絡をとって、契約解除日を決めなくてはなりません。

 

家賃は決められた日から日割りで発生するので、できれば新居の家賃発生日に合わせたいところですが、ここで1つ、注意点があります。

 

それは、引越しが終わったら家の鍵を速やかに返却しなくてはならないので、引越し直後の家の様子が分かりません。

 

万一、引越し会社が床や壁に傷をつけてしまったり、荷物が押入れの奥などに残っていたりしたら、自分の責任で修理費を負担したり、運送費用を出したりしなくてはなりません。

 

こうしたトラブルを避けるためにも、旧居の解約日は引越しの翌日にして、引越し後に自分の目で部屋の傷がないか、残された荷物がないか、明るい部屋の中で確認しましょう。

 

また、引越しの時の傷だけでなく、入居してから自分でつけてしまった傷なども写真で残しておくと、敷金返却の問題が発生した時に役立ちます。

 

部屋のクリーニングは入居者負担ですが、元からあった傷はオーナーの負担になりますし、住んでいた年数によって、壁や床の修繕費の負担割合は変わってきます。

 

アパートやマンションの契約書を再確認!

 

アパートやマンションを退去する時は、最低でも何日前に管理会社に連絡しなくてはならないか、契約書に記載されています。

 

もし、引越しが1ヵ月後でも、退去連絡日が2ヶ月以上前となっていたら、1ヶ月間、二重に家賃が発生してしまいます。

 

この点も必ず確認しておきましょう!

一番安い引越し会社が分かる『無料』見積もりサービスはこちら

引っ越し前に旧居を解約するタイミングは?いつまでに連絡必要?
引っ越し前に旧居を解約するタイミングは?いつまでに連絡必要?
引っ越し前に旧居を解約するタイミングは?いつまでに連絡必要?
引っ越し前に旧居を解約するタイミングは?いつまでに連絡必要?