引越しの荷物をまとめるコツとは?

効率的な荷物のまとめ方

 

 

効率的に荷造りするには?

 

単身パックであれば、ダンボールの数はそんなに多くなりませんが、それでも効率的に荷造りすることによって、新居に着いたときの荷解きはラクになりますし、輸送中の破損も防げます。

 

まず、ダンボールに荷物を詰める時に覚えておいてほしいのは、

 

「重い物は小さいダンボールに、軽い物は大きいダンボールに」

 

ということです。

 

大きいダンボールに重い物を詰め込みすぎると、底が抜けてしまう恐れがあるので、注意しましょう!もし、ダンボールがすべて同じサイズだったら、なるべく同じ重さになるように荷物を詰めてゆきましょう。

 

荷物と荷物の間に隙間が開いたら、新聞紙などを丸めて詰めておくと、破損を防げます。

 

荷物リストを作る!

 

ダンボールには、中に入れた荷物を書くスペースがありますが、基本的には「台所用品」「文房具」「食器」といったように、大雑把な書き方になります。

 

ここで荷解きの時に役立つコツを1つ!ダンボールに入れた荷物のうち、引越し後にすぐ使いそうなものを「荷物リスト」として、メモ用紙などに書いておきましょう。

 

こうしておけば、印鑑やドライバー、ハサミなど、見つかりにくい荷物もすぐに取り出せます。

 

また、ダンボールの数が多くなるような場合は、ダンボールに番号をふっていくのも1つの手です。

 

こうすれば、1番のダンボールにはまな板や包丁が、2番のダンボールには、フライパン、ボウルなどが、というように、同じ台所用品でもどのダンボールに目的の物が入っているか、すぐに分かります。

 

大切な荷物が安全に運ばれるように

 

引越し会社は、衝撃を吸収するボックスや資材を使って荷物を運送しますが、荷造りの仕方が悪いと、まれに、荷解きをした時に物が壊れていることがあります。

 

こうしたトラブルを防ぐためにも、荷造りの時は、できる限りのケアをして荷物をまとめてゆきましょう。

 

壊れ物が入ったダンボールに、「ワレモノ」赤字で書くのは常識ですが、ダンボールの1面だけでなく、底以外のすべての面に書いておくと、どの角度から見てもそれと分かるので、実践してみてください。

 

ダンボールに物を詰めるときは、重い物を下部にしまい、軽いものを上部にしまえば、ダンボールの重心がずれないので、ちょっとぶつかってしまって落下させてしまう、といったトラブルを回避できます。

 

パソコンは衝撃に弱い家電製品の最たるものですから、データのバックアップは欠かせません。

 

できれば、エアパッキンのような緩衝材で、モニターや本体を包み込んで、外部からのダメージに備えておきましょう。

 

輸送中は大丈夫でも、引越し後の荷解きでパソコンをあやまって落としてしまった、といったケースがよくあります。

 

ちにかく、家電製品を動かすときは冷静に!

 

冷蔵庫と洗濯機の水抜きをお忘れなく!

 

冷蔵庫は、引越しの2日前までにコンセントを抜きましょう。

 

冷蔵庫の下部には、水受け皿が付いていて、通電が切れることで水が貯まってゆくので、他の荷物に水がかからないようにするためにも、この作業をお忘れなく!洗濯機は蛇口との接続部分、排水ホース部分に水が貯まっているので、最後の洗濯が終わった時点でこれらをはずし、貯まった水を全部出し切りましょう!

一番安い引越し会社が分かる『無料』見積もりサービスはこちら

効率的に荷物をまとめる方法は?【引っ越し単身パックの準備】
効率的に荷物をまとめる方法は?【引っ越し単身パックの準備】
効率的に荷物をまとめる方法は?【引っ越し単身パックの準備】
効率的に荷物をまとめる方法は?【引っ越し単身パックの準備】