引越し単身パックのデメリットとは?

引越しの単身パックのデメリット

 

 

決められたスペースに荷物が入りきるか?

 

言うまでもないことですが、引越し単身パックは、基本的には荷物の量が少なくて、移動距離が少ないようなケースで利用できるサービスです。

 

したがって、引越しの一括見積もりで見積もりをとって、実際に自宅まで引越し業者が来て本見積もりを出したら、荷物が本当に入るか確認してもらいましょう。

 

最悪の場合、引越し当日に単身パック専用BOXに荷物が入らなかった場合、その荷物は運送されず、自分で運送方法を考える必要がでてきます。

 

引越しというのは、後から運送する荷物が出てくるケースが、多々、あるので、この点は注意しておくべきですね。

 

しかし、あらかじめ、引越し単身パックに入りきらない荷物の量が、ダンボール2,3個程度とわかっていれば、別途、宅急便で送ることで安心して引越し単身パックを利用して、通常の引越しより安上がりにできます。

 

時期によっては割高、スケジュールが一杯のことも

 

これは普通の引越しでも同じことですが、引越しは3月に一番集中します。

 

この時期の引越し料金は、1年で最も高く、一番安い時期の2倍ぐらいになる会社もあります。

 

引越し単身パックも同じで、料金はかなりアップします。

 

さらに、3月は進学、社会人のスタート、そして、単身赴任の時期に重なるため、お得な引越し単身パックに人気が殺到します。

 

したがって、なるべく早めの業者決定は欠かせませんし、この時期の値引き交渉は、あまり期待できないのが実状であることも覚えておきましょう。

一番安い引越し会社が分かる『無料』見積もりサービスはこちら

引っ越し単身パックのデメリットは?【荷物量とスケジュール】
引っ越し単身パックのデメリットは?【荷物量とスケジュール】
引っ越し単身パックのデメリットは?【荷物量とスケジュール】
引っ越し単身パックのデメリットは?【荷物量とスケジュール】